柴田元幸先生と対談しました

新潮社のPR誌『波』2010年7月号で柴田元幸先生と、ピンチョン『メイスン&ディクスン』について対談しました。
http://www.shinchosha.co.jp/nami/tachiyomi/20100627_02.html
あの複雑怪奇な大著を、どんな超絶技巧で柴田先生が訳しおおせたのか。あまりに勉強になることばっかりです。とにかく「笑えるピンチョン」を知ってほしい、ただ楽しんでほしい、という先生の真心に打たれました。こういう人が日本にいてくれて本当に幸せです。
おこがましくも私が「未来の作家」というタイトルで導入文を書かせていただきました。どうもありがとうございました。
http://www.shinchosha.co.jp/book/537203/
[PR]
by kojitoko | 2010-06-30 21:39
<< 『メイスン&ディクスン』メガ評... ロルフィング2回目行きました >>