ロルフィング8回目行きました

ロルフィングももう8回目です。全部で10回なのであとちょっとですね。今日は全体の統合、下半身編というところでした。なにより驚いたのは、歩き方の癖を指摘されたことです。どうも歩き始めに、一度片脚の、しかも外側に体重をのせ反対の脚をフリーにした上で一歩目を前に出しているようなのです。こういうふうにすると左右に体を振りながら歩くことになるため、あとの動きも左右の脚の外側を使い続けることになる、ということでした。つまりは、外側の疲れやすい筋肉を主に使ってしまい、内側のインナーマッスルを有効に動かしていない、ということになるわけです。どおりでいつも疲れているわけだ。
一歩足を踏み出した状態から動きを始めたところ、外側への偏りが減ってきました。それにしても歩き方の癖なんていつ身につけてしまったのでしょう。謎です。こういう、パターン化された動きを意識に上らせることで変える、というのはアレクサンダー・テクニークと似ていますね。
それから、2回目と7回目のセッションの終わりに撮った写真も見せてもらいました。もともとは猫背で肩胛骨が上にあがり、胸が引っ込んでいたのですが、7回目になると首がだいぶ立ち、猫背も緩和されて胸板が厚くなっていました。特にトレーニングしたのでもないのにね。かなりいい気になりましたが、考えてみればロルファーさんの努力でこうなっているわけなので、とにかく感謝あるのみです。
それにしても、ロルフィングセッション10回が終わってもこの状態を持続し、もっと良くしていくにはどうしたらいいのでしょう。体の探求はまだまだ続くのでした。
[PR]
by kojitoko | 2010-08-19 11:18
<< ヴィクトル・ペレーヴィン『宇宙... ハルトゥーニアン『歴史と記憶の... >>