コルム・トビーン『空っぽの家族』論を書きました

『新潮』2012年10月号にコルム・トビーン『空っぽの家族』について書きました。
http://www.shinchosha.co.jp/shincho/newest/
タイトルは「取り返しのつかないこと」、連載の15回目です。
トビーンの文章は本当にすごいです。これほど繊細な文章を書く人はいないのではないでしょうか。アイルランド、アメリカ合衆国、カタロニアと舞台を変えながら様々な物語が語られていきます。
もっと翻訳が出ればいいのに、と思ってしまいます。
[PR]
by kojitoko | 2012-09-07 16:21
<< 岸本佐知子さんと対談しました タオ・リン『リチャード・イエー... >>