カテゴリ:未分類( 122 )

栗田朋子さん(リブロ福岡天神店)が『21世紀の世界文学30冊を読む』について書いてくれました

栗田朋子さん(リブロ福岡天神店)が『21世紀の世界文学30冊を読む』について読売新聞に書いてくれました。
http://blogs.yomiuri.co.jp/book/2012/07/2130-3147.html
「ジュノ・ディアス、ミランダ・ジュライ、イーユン・リーなど、私が気になって読んだ作家も多く登場し、実は読んでもピンとこなかった箇所や作家背景もわかって、再読したらもっと世界に入りこめるんだろうなと読みながら思ったり。」
と書いていただきました。とても嬉しいです。
母の実家が福岡市ということもあり、リブロ福岡天神店も行ったことあります。すごくいい書店ですよね。
こういう熱い店員さんがいる書店に行くとみんな幸せになれると思います。
栗田さん、どうもありがとうございました。
[PR]
by kojitoko | 2012-07-05 09:41

明日7月3日に柴田元幸先生と青山ブックセンターで対談します

7月3日に柴田元幸先生と青山ブックセンター本店で対談します。
http://www.aoyamabc.co.jp/event/shibata-tokou-talks/
夜6時半会場、7時開演です。事前の予約が必要です。
お席には限りがございます。ご興味がある方はおはやめに。
[PR]
by kojitoko | 2012-07-02 08:50

紀伊國屋書店講演の動画が公開されました

6月26日に紀伊國屋書店新宿南店で行いました『21世紀の世界文学30冊を読む』に関する講演の動画がアップされました。
ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/watch/1340876732
youtube

ご興味があれば。
そういえば、以前ジュンク堂書店池袋店でいしいしんじさんとやった対談もアップされています。

これも楽しかったな。いしいさんどうもありがとうございました。
[PR]
by kojitoko | 2012-06-30 17:34

日本経済新聞で『21世紀』が取り上げられました

6月27日の日本経済新聞夕刊で、批評家の陣野俊史さんが『21世紀の世界文学30冊を読む』を取り上げてくれました。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO43057220X20C12A6NNK001/
「いずれも手練れの小説家たちが書いた作品の中で、どの小説が面白いか、それはなぜか。面白さをギュッと圧縮して、都甲は語る。」
と書いてくださいました。とても嬉しいです。どうもありがとうございました。
[PR]
by kojitoko | 2012-06-29 09:17

毎日新聞夕刊で『21世紀』が取り上げられました

6月27日毎日新聞夕刊の文芸時評欄で『21世紀の世界文学30冊を読む』が取り上げられました。
執筆者は江南亜美子さんです。
「世界文学のフロントラインにある優れた小説&小説家を厳選して紹介してくれる」
「いずれも読みたし!」と書いていただきました。
本当にありがとうございます。
[PR]
by kojitoko | 2012-06-28 08:50

読売新聞夕刊で『21世紀』が取り上げられました

6月26日読売新聞夕刊の文芸月評で『21世紀の世界文学30冊を読む』が取り上げられました。
「各国の『精神的マイノリティー』が言語や国家を越え、ネットや書籍を通じ同時につながっていると説くグローバル時代の文学観を提唱する。」と書いていただきました。
嬉しいです。どうもありがとうございました。
[PR]
by kojitoko | 2012-06-28 08:46

紀伊國屋書店でのイベント終わりました

紀伊國屋書店新宿南店でのイベント、無事に終わりました。
話している途中で椅子を増やさなければならないほど
多くの方に来ていただきました。
いつもの対談とは違ってレクチャーの形式だったのですが、
すごく熱心に聞いてもらえました。嬉しかったです。
質疑応答やサイン会でのやりとりも熱かったです
お越しくださったみなさま、どうもありがとうございました。
スタッフの方々にも大変お世話になりました。
当日の様子はyoutubeやニコニコ動画でも公開される予定です。
来られなかった方も、お時間があればのぞいてみてくださいね。
[PR]
by kojitoko | 2012-06-28 08:37

本日(6月21日)東京新聞夕刊にインタビューが載りました

本日(6月21日)東京新聞夕刊に僕のインタビューが載りました。
「生きる術 得るツールに」というタイトルで、『21世紀の世界文学30冊を読む』について語っています。
正確かつ簡潔なまとめ方に圧倒されました。 プロの新聞記者ってすごいです。
この本での僕の試みが読者に伝わると嬉しいです。
どうもありがとうございました。
[PR]
by kojitoko | 2012-06-21 18:21

7月3日に柴田元幸先生と青山ブックセンター本店で対談します

7月3日に柴田元幸先生と青山ブックセンター本店で対談します。
http://www.aoyamabc.co.jp/event/shibata-tokou-talks/
夜6時半会場、7時開演です。事前の予約が必要です。
今月の『新潮』でも柴田先生とは対談していますが、青山ブックセンターでどういう話になるかは見当がつきません。今から緊張しています。翻訳の大先輩である柴田先生に貴重なお話をうかがう機会になればいいなと思っています。ご興味があればいらしてください。
[PR]
by kojitoko | 2012-06-20 19:51

柳下毅一郎さんが読書メーターでつぶやいてくれました

特殊翻訳家の柳下毅一郎さんが『21世紀の世界文学30冊を読む』について読書メーターでつぶやいてくれました。
「いろいろ読みたくなるので、文芸翻訳業界のプロモーションとして大いに推奨すべき」。
http://book.akahoshitakuya.com/post/13/48652297
もちろん僕もファビュラス・バーガー・ボーイズのシリーズは大好きですし、
『興行師たちの映画史』はすごい本です。ロバート・クラムを訳していらっしゃるのも素晴らしい。
柳下さんにこう言っていただけてとても嬉しいです。どうもありがとうございます。
[PR]
by kojitoko | 2012-06-20 18:16