<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ロルフィング9回目行きました

いよいよロルフィングも9回目になりました。早いものですね。あと1回で本セッションは終わりです。今回は上半身の統合ということだったのですが、結局は全体的にやりました。ロルファーさんに取り立てて堅くなっているところがなくなった、と言われたのかとりわけ嬉しかったです。
今回が終わって、突然自分にとってのロルフィングの意味が分かりました。不良姿勢による体調不良から抜け出すきっかけをもらった、というのがそれです。抜け出させてもらった、ではないのがみそですね。
これはどういうことかというと以下の通りです。

1 姿勢によって体調、具体的には肩こり、腰痛、精神的な落ち込み、全身の疲労などが引き起こされるということをまったく知らなかった。
2 しかもパソコンのやり過ぎ、読書のし過ぎ、運動不足など、猫背前屈みの不良姿勢になるに決まっている行動を常にしていた。
3 しかもしっかり胸を張った姿勢は身体も苦しいし心理的にも堅苦しいという間違った認識を持っていた。
4 したがっていつも不良姿勢が固定化し、そのために様々な苦しみを抱えていた。
5 その上、身体が精神に及ぼす作用について無知だったために、気分の落ち込みなどに関して身体的にではなく精神的に解決しようと試みることが多かった。

ここまでがロルフィング前までの歴史です。何というか、全くの普通ですね。

6 ロルフィングによって堅くなり縮んでいた全身の筋肉がほぐれた。
7 特に胸、腹、骨盤など身体前側の筋肉がほぐれたために、胸を張ったきれいな姿勢をとっても苦しいと感じなくなった。
8 疲れやすく大きな力を出せるアウターマッスルを中心に使うことで、体に負担のかかる前屈みの姿勢を維持していたが、姿勢をニュートラルにすることで、疲れにくいが力の弱いインナーマッスルで姿勢を維持できるようになった。
9 したがって疲労しにくく、息をよく吸いこむことででき、肩が凝りにくく、腰が痛くなりにくい身体に変化した。

ここはロルフィング礼賛のところです。でもロルフィングだけでは足りないということも分かりました。

10 しかしながらロルフィングはあくまで体を一時的に不良姿勢による凝りから解放するだけである。自由になった身体を使って良い姿勢をとり生活を改善するのも、もとの不良姿勢を続けて不調に舞い戻るのも本人次第。ロルファーは途中まで補助してくれるだけで、身体の使い方に気づき自分を律し、良い状態を維持していくのは自分自身である。

ここはロルフィングの特徴ですね。お金を払ったから身体を治してくれる、という考え方ではロルフィングはできていません。あくまで楽な状態を作り、それを維持し伸ばすのは本人の選択ということです。逆に言えば、人に何かして貰えると思っている人は全然状況はよくなりません。

11 しかもそもそもどうして個々のクライアントに関して不良姿勢が定着したのかをロルフィングでは考察することがない。これは人によってそれぞれ理由が違うからだろう。だからどういう生活習慣によって悪い姿勢が強化されていったのかは本人が考えて発見し正していかなければならない。
12 そのうえ、ロルフィング後にほぐれた筋肉をどう維持するかというエクササイズも教えてはもらえない。ストレッチなど自分で、軽い負荷で、毎日できる安価な方法を探し、習慣化するのは本人に任されている。

そもそもどうして不良な姿勢になったのか、身体的な不良が出てきたのかというロルフィング前への考察と、よくなった身体を自分でどう維持していくのかというロルフィング後のセルフケアを教えてくれないというのが、ロルフィングに対する最大の不満です。終了後なにもしないでは効果はどんどん薄れていってしまうでしょう。もちろんポスト10セッションというのはあるわけですが。そのぶん身体の解放に特化することでものすごく高度な技術体系になっているというのは理解できます。
これではなんというか、非常に身体に意識の高い人でないとロルフィングに興味を持ち受けることができないし、かつロルフィング後も良い状態を保つことができない、ということではないでしょうか。ロルフィングを通した身体的な気づき、というのはものすごく貴重なもので、もしかしたら疲れきった現代日本を変え、世界を変えるくらいの潜在的なインパクトを持っていると思います。それだけにあまり受ける人がおらず、そもそもロルファー自身が日本に80人程度しかいない、という現状はあまりにもったいないです。
おそらくロルフィングは、現代人の身体がどうしてこんな貧しいものになっているのかということの考察や、それを打ち破っていくための探求など、大きな流れの一部分となっていくべきなのでしょう。ロルフィング普及には、もう一段高いレベルから複数の試みを統合していくことがぜひとも必要なのだと思います。
だいたい、最重要の著作であるアイダ・ロルフ『ロルフィング』(Ida Rolf, Rolfing.)の翻訳すら出ていないっておかしいとは思いませんか。
[PR]
by kojitoko | 2010-08-29 09:40

ヴィクトル・ペレーヴィン『宇宙飛行士オモン・ラー』書評書きました

2010年8月22日付けの読売新聞書評欄にヴィクトル・ペレーヴィン『宇宙飛行士オモン・ラー』の書評書きました。
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20100823bk08.htm
日本ではロシアの村上春樹なんて言われたりもしているペレーヴィンですが、正直読んでみると全然似ていません。こういうふうに辛辣で奇想で文章が上手く極端に現代的、というのは今まで読んだことがありませんでした。けっこうびっくりすると思います。ロシア文学だということでちょっと敷居が高いと思っていた人、挑戦してみるとかなり幸福になれるんじゃないでしょうか。
BOMBのインタビューでペレーヴィンはジョージ・ソーンダーズ『パストラリア』やパーシグ『禅とオートバイ修理技術』への愛情を語っていたりして、アメリカ文学もかなり詳しいみたいです。こういう、世界同時的な文学のあり方というのにもっと注目していかなくては。
[PR]
by kojitoko | 2010-08-20 08:41

ロルフィング8回目行きました

ロルフィングももう8回目です。全部で10回なのであとちょっとですね。今日は全体の統合、下半身編というところでした。なにより驚いたのは、歩き方の癖を指摘されたことです。どうも歩き始めに、一度片脚の、しかも外側に体重をのせ反対の脚をフリーにした上で一歩目を前に出しているようなのです。こういうふうにすると左右に体を振りながら歩くことになるため、あとの動きも左右の脚の外側を使い続けることになる、ということでした。つまりは、外側の疲れやすい筋肉を主に使ってしまい、内側のインナーマッスルを有効に動かしていない、ということになるわけです。どおりでいつも疲れているわけだ。
一歩足を踏み出した状態から動きを始めたところ、外側への偏りが減ってきました。それにしても歩き方の癖なんていつ身につけてしまったのでしょう。謎です。こういう、パターン化された動きを意識に上らせることで変える、というのはアレクサンダー・テクニークと似ていますね。
それから、2回目と7回目のセッションの終わりに撮った写真も見せてもらいました。もともとは猫背で肩胛骨が上にあがり、胸が引っ込んでいたのですが、7回目になると首がだいぶ立ち、猫背も緩和されて胸板が厚くなっていました。特にトレーニングしたのでもないのにね。かなりいい気になりましたが、考えてみればロルファーさんの努力でこうなっているわけなので、とにかく感謝あるのみです。
それにしても、ロルフィングセッション10回が終わってもこの状態を持続し、もっと良くしていくにはどうしたらいいのでしょう。体の探求はまだまだ続くのでした。
[PR]
by kojitoko | 2010-08-19 11:18

ハルトゥーニアン『歴史と記憶の抗争』書評書きました

2010年8月15日の読売新聞書評欄にハリー・ハルトゥーニアン『歴史と記憶の抗争』の書評を書きました。
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20100816bk08.htm
ルース・ベネディクト『菊と刀』に真っ向から反論したり、戦前も戦後もあまり注目される事のなかった戸坂潤の仕事の意義について語っていたりと、学ぶことの多い本でした。こういうふうに、日本を日本語で日本人が語る、という枠組みからそれた考察はとても興味深いです。解放感もあります。外国研究の意義について、アメリカに住む大先輩から教えてもらったような気持ちです。
[PR]
by kojitoko | 2010-08-14 08:21

ロルフィング7回目行きました

いよいよロルフィングも7回目になりました。今日は首回りや頭をほぐしていくということで、両手を使っての緩めの施術になりました。それでも、終わった後になってみるとなんだかすごく効いたー!という感じです。強い刺激で強い反応、というわけでもないのが体の面白いところですね。
あと、立っているときに自分の前方だけでなく後ろや左右の空間もしっかり意識する、というワークもやりました。後ろを意識するようにすると、なんだか背中や腕の後ろ側がピリピリする感じがしました。いつもは目の前ばかりに意識が行っていたということですかね。自分の体なのにちゃんと使えていないものです。
ストレスがかかると、みぞおちが硬く緊張する、というのも教えてもらいました。僕の場合そこがスムーズな呼吸をブロックしているようです。それが猫背とネガティヴ思考の一因だったのかも。
あと、ロルフィングを受けることで美の基準が変化してきている話もしてみました。生まれつき顔面が美しい人もいいですが、今惹かれるのは姿勢がきれいで身のこなしが美しい人です。顔の配置と違って、姿勢や身のこなしは自分でもどうにかなるのでいいですよね。
[PR]
by kojitoko | 2010-08-11 09:01

ジム・シェパード『わかっていただけますよね』論書きました

2010年09月号「新潮」に「他なるものに出会う--ジム・シェパード『わかっていただけますよね』」を書きました。
http://www.shinchosha.co.jp/shincho/index.html
チェルノブイリ原発事故を背景としたほのぼの家庭小説や、ヒムラーに派遣されたナチの人類学者がアーリア人の起源を求めてチベットをさまよい、イエティに襲われる旅の記述など、すさまじくシュールなシェパードの短編集ですが、どれもある程度は歴史的な事実に基づいているらしいです。クッツェーにファンレターをもらったりとシェパードは玄人好みの作家で、確かに彼の作品はじわっと面白いのですが、アメリカでも日本でもさして読まれているとは言えません。今回の原稿が彼の作品と出会うきっかけとなれば嬉しいです。
Jim Shepard. Like You'd Understand, Anyway. NY: Alfred A. Knopf, 2007.
[PR]
by kojitoko | 2010-08-08 10:00

BRUTUS「渚の文学」セレクトしました

2010年08月15日号のBRUTUS「ビーチカルチャー」特集で「渚の文学、ビーチで読みたい10冊」をセレクトしました。
http://magazineworld.jp/brutus/691/
久しぶりに読む夏目漱石『こころ』や太宰治『御伽草子』は文章も盛り込まれた心情も圧倒的で、本当にすごいものでした。特に夏目漱石なんか、非常に新しい感じさえします。文学の力って何なんでしょうか。『ロビンソン・クルーソー』だって浜辺の描写は迫力があって、300年前の作品だと言われるても驚くばかりです。
[PR]
by kojitoko | 2010-08-05 08:34

カミュ『異邦人』書評書きました

8月08日掲載の読売新聞書評欄にカミュ『異邦人』書評書きました。
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20100809bk02.htm
「夏のイチオシ文庫」企画ということで200文字あまりの短い文章でしたが、とても楽しく書けました。
知っているつもりの『異邦人』ですが、今読み返すと意外な細部がたくさん書き込まれていることがわかります。植民地でフランス人からもアルジェリア人からも疎外された主人公が死に追い込まれる、というのは昔読んだときには全く気がつきませんでした。
僕が好きだったのは飼い犬への愛を語り続けるサラマノ老人です。『異邦人』とは、たいしたことがない、でも自分にとっては交換のきかない存在を見いだすことについて書いてあるのではないでしょうか。久しぶりにまたフランス語勉強したくなりました。
[PR]
by kojitoko | 2010-08-04 07:09

ロルフィング6回目行きました

またもやロルフィング行ってきました。今回は主に背中のワークでしたが、脚の腱などもやってもらいました。仕事柄パソコンなどを使うことが多く、気づけばかがみ込むような姿勢が続いてしまいます。したがって体の背中側がカッチカチになっていることは意識してはいました。けれども勢いよくほぐされて、今は何とも言えない感覚です。楽なような心細いような。体が自由になることに抵抗しているのでしょうか。つくづく慣れとは怖いものですね。
腰から臀部にかけて不要な力が入ってしまっているために、骨盤の骨と仙骨の間の可動性が制限されているという指摘も受けました。そんなところに関節があったとは、今まで誰も教えてくれませんでした。確かに意識してお尻の力を抜いてみると、歩くときもなんだかしなやかでいい感じです。それにしても、僕は誰に頼まれたわけでもないのになぜお尻に力を入れて暮らしているのでしょうか。人生の謎は多い。
そう言えば、ということで先日国分寺のcafe slowで見た幼児についてロルファーさんとしゃべってみました。
http://www.cafeslow.com/
ここはもんのすんごくいいカフェです。でその子の坐っているときの背骨がなんだかものすごくいい形なのです。きちんときれいに伸びながらちゃんと湾曲していて、しかも肩には力が入っておらず、頭はふわっと水平に首に載っていました。そうそう、とロルファーさんにも言われました。立てるようになってから物心つくまでの子供はものすごく姿勢がいいものだそうです。でもその後は、社会との軋轢の中で自分を守り、背中を丸め体を固めて生きていくようになるのかなあ。ああ、つらい人生。いったいどうしたらいいの?
[PR]
by kojitoko | 2010-08-03 17:07