タグ:東直子 ( 4 ) タグの人気記事

1月26日に東直子さんとイベントをします

1月26日に歌人・小説家の東直子さんとイベントをします。
http://www.orionshobo.com/event/page884.html

東京の西の端で 即興と朗読の夕べ

歌人の東直子さん、翻訳家の都甲幸治さんをお招きして、ジャンルを超えてことばの世界を堪能するトークイベントを開催します。都甲幸治さんはジュノ・ディアス作品の訳しおろしを本邦初公開。東直子さんは最新刊『キオスクのキリオ』と短歌の朗読を。そして最後には、翻訳と短歌の世界でことばを紡ぐおふたりによる、即興詩のリレーを披露してくださいます。座談会終了後にはサイン会も開催します。みなさまのご来場をお待ちしております。

2013年1月26日(土)17:00~(16:30開場)
出演:東直子、都甲幸治
入場料500円
終了後サイン会あり

オリオン書房ノルテ店店頭、電話、オンラインで予約ができるようです。
みなさんぜひいらしてくださいね。
[PR]
by kojitoko | 2012-12-31 14:51

『週刊読書人』「「2012年の収穫」で『21世紀の世界文学30冊を読む』が取り上げられました

『週刊読書人』12月14日号の「2012年の収穫」で『21世紀の世界文学30冊を読む』が取り上げられました。
取り上げてくださったのは歌人・小説家の東直子さんと文芸ジャーナリストの佐久間文子さんです。
東さんには「マイノリティーの世界を生きる人々の呻きや叫びを、小説の断片からその歴史的情景と共に生々しく感じることができる。」と言っていただきました。
佐久間さんには「スピード感ある文章で世界文学の「今」の見取り図を描く。」と言っていただきました。
今年の三冊に選んでいただけるというのはとても光栄なことです。大変感謝しております。
[PR]
by kojitoko | 2012-12-17 19:31

11月3日に東直子さんとイベントをします

11月3日に歌人・小説家・エッセイストの東直子さんとイベントをします。
http://www.ftftftf.com/
場所は七針というライブハウスで、対談やら朗読やらをしようと思っています。
最寄り駅は茅場町か八丁堀、午後6時開演です。入場料として千円いただきます。
東さんは以前、町田康さんもご一緒した鼎談でお会いして以来、たいへんよくしていただいています。いつも教えてもらうことばっかりです。今回もとても楽しみにしています。

世界文学と日本語を--東京の片隅で朗読とトークの夕べ

東直子
歌人・作家
歌集に『春原さんのリコーダー』『青卵』『十階』、
小説に『とりつくしま』『トマト・ケチャップ・ス』などがある。

都甲幸治
アメリカ文学研究・早稲田大学文学学術院教授
評論集『21世紀の世界文学 30冊を読む』、
訳書に、ジュノ・ディアス『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』 等。

2012年11月3日(土)    於:七針http://www.ftftftf.com/

午後5時30分開場       
e-mail (予約専用 ) : yy@ftftftf.com
午後6時00分開演       

¥1000円


東京駅の東、 隅田川河口近くの霊岸島という
中州にあります。


東京都中央区新川2-7-1 オリエンタルビル 地下

八丁堀 or茅場町  徒歩 5分



d0172056_16345956.jpg

[PR]
by kojitoko | 2012-09-14 16:36

「NHK短歌」出演します

2010年09月19日の「NHK短歌」にゲストとして出演します。
http://www.nhk.or.jp/tankahaiku/
時間は日曜日19日の午前6時から6時25分、再放送は22日水曜日の14時30分から14時55分です。
選者は東直子さん、とってもロマンチックな作品で知られています。『東直子集』(邑書林)、『回転ドアは、順番に』(穂村弘と共著、ちくま文庫)がおすすめ。心がキュンとなる瞬間をつかまえるのがこんなに上手い人はいないのではないでしょうか。
「雨が降りさうでねとても降りさうであたしぼんやりしやがんでゐたの」
なんていいでしょう?
収録のために先日NHKに行ったのですが、凄まじい体験でした。学生の前でしゃべるのには慣れているのに、カメラ前では難しいですねえ。でも斎藤茂吉の話やら翻訳の話やら、東さんと司会の濱中博久アナウンサーのリードでなんとか楽しくしゃべることができました。やっぱりプロってすごいです。
東さん、濱中さん、スタッフの皆さん、貴重な機会をいただきどうもありがとうございました。
[PR]
by kojitoko | 2010-09-12 21:09